logo_top
テトラ

パラケイロドン属

 
ページの最初に戻る
ネオンテトラ

ネオンテトラ S-Mサイズ

\50

熱帯魚として定番の種類です。小型なので10匹以上の群れで飼うことでより美しさを引き出せます。

画像を拡大して表示する

ネオンテトラ

ネオンテトラ Lサイズ

売り切れ\80

より飼育しやすい成魚サイズの個体です。

画像を拡大して表示する

ダイヤモンドネオンテトラ

■ダイヤモンドネオンテトラ

\150

ネオンテトラの改良品種で、体の前半部分が強い光沢を帯びます。

画像を拡大して表示する

ニューゴールドネオンテトラ

■ニューゴールドネオンテトラ

\150

ネオンテトラの改良品種です。体が白くなり、青いラインがうっすらと残ります。

画像を拡大して表示する

カージナルテトラ

カージナルテトラ

\100

ブリード個体です。
ネオンテトラに似た青赤の体色ですが、赤い部分の面積が大きく美しいテトラです。

画像を拡大して表示する

グリーンネオンテトラ

グリーンネオンテトラ

\150

ネオンテトラより一回り小さく

スマートな近縁種です。赤色が薄く、青いラインが目立ちます。

画像を拡大して表示する

アルビノカージナルテトラ

■アルビノカージナルテトラ (ブドウ目)

\250

カージナルテトラのアルビノ品種で、体が透明感を帯びた肌色になり、青と赤の発色も淡いパステル調になっています。
アルビノですが、特定の角度以外では黒目になるブドウ目の品種です。(参考)

画像を拡大して表示する

ニューレッドゴールデンネオンテトラ

■ニューレッドゴールデンネオンテトラ

\150

ネオンテトラの改良品種で、ニューゴールドネオンと同じく透明感のある白い体に淡い青のラインが入りますが、こちらは赤い模様が残っています。

画像を拡大して表示する

ニューゴールドネオンテトラ

■ホワイトダイヤモンドネオンテトラ

売り切れ\200

ダイヤモンドネオンテトラの白変種です。

画像を拡大して表示する

ヘミグラムス属

 
ページの最初に戻る
グローライトテトラ

グローライトテトラ

\90

「燃える光」の名前を持つ、透明な体にオレンジ色のラインが入るテトラです。丈夫で飼育しやすいテトラです。

画像を拡大して表示する

アルビノグローライトテトラ

アルビノグローライトテトラ

\120

グローライトテトラのアルビノです。全体的に透明感が増していますが、オレンジ色のラインはちゃんと残っていてランプの明かりのような温かみを感じさせます。

画像を拡大して表示する

ゴールデンテトラ

■ゴールデンテトラ

3cm \300

金箔のような光沢が入るテトラです。

画像を拡大して表示する

ラミーノーズテトラ

ラミーノーズテトラ(ブリード)

\120

頭部が赤く、尾びれに黒と白の模様の入るテトラです。養殖個体ですが飼い込んで状態が上がってくると赤くなります。

画像を拡大して表示する

ダイヤモンド ラミーノーズテトラ

■ダイヤモンド ラミーノーズテトラ

\350

ここ最近作出された改良品種です。体に強い光沢があり、ダイヤモンドのように光ります。

画像を拡大して表示する

ゴールデン ラミーノーズテトラ

■ゴールデン ラミーノーズテトラ

\250

ラミーノーズテトラの改良品種で、黒目ですがアルビノのように体が白くなります。

画像を拡大して表示する

アルビノ ラミーノーズテトラ

■アルビノ ラミーノーズテトラ

\250

ラミーノーズテトラのアルビノ品種です。アルビノですが、顔もしっかり赤くなっています。

画像を拡大して表示する

 

 

ハイフェソブリコン属

 
ページの最初に戻る
ブラックネオンテトラ

ブラックネオンテトラ

売り切れ\100

オレンジ色の目と白と黒のラインがシックなテトラです。とても丈夫で飼育しやすく、温和で混泳にも向くテトラです。

画像を拡大して表示する

アルビノブラックネオンテトラ

■アルビノブラックネオンテトラ

\120

 

画像を拡大して表示する

レッドテトラ

レッドテトラ

\100

別名:ファイヤーテトラ、アマンダエテトラ

全長3cmの超小型テトラです。透明感のあるオレンジ色が特徴で、色の揚がった個体は水草と良く合います。

画像を拡大して表示する

レッドファントムテトラ

レッドファントムテトラ(ブリード個体)

\120

ブラックファントムとは対照的に、体がオレンジ〜赤になる定番種です。スポットがチャームポイントです。

画像を拡大して表示する

レッドファントムテトラ(ワイルド個体)

■レッドファントムテトラ(ワイルド個体)

 \250

発色の立ち上がりが良いといわれるワイルド個体です。

画像を拡大して表示する

ブラックファントムテトラ

ブラックファントムテトラ

\120

体全体がつや消しの黒になる渋いテトラです。この種類に限らず、ハイフェソブリコン属のテトラは雄の背びれや尾びれが伸びて綺麗な姿になる種類が多いです。

画像を拡大して表示する

アルビノレモンテトラ

アルビノレモンテトラ

\150

 

画像を拡大して表示する

ロージーテトラ

■ロージーテトラ

\150

ピンク〜赤の体色が特徴の、体高の高いテトラです。ヒレがよく伸び、先端が白くなって綺麗です。

画像を拡大して表示する

テトラ・オーロ

■テトラオーロ

\200

最大3cm程度の小さめのテトラです。ベールフィンテトラという別名のとおり雄は背びれと尾びれが伸びて金色を帯び、大きさのわりにかなり立派な姿になります。

画像を拡大して表示する

レモンテトラ

レモンテトラ

\100

レモンの名の通り、レモンイエローの体色が特徴です。本種のように黄色一色のテトラは意外といなくて、ポピュラー種だと本種くらいです。

※入荷当初は黄色が出ておらず、少しずつ発色します。

画像を拡大して表示する

ペレズテトラ

■ペレズテトラ

\450

ロージーテトラに似ていますが、より体高が出ます。また背中の色が独特の緑がかった発色になり、体の中央にハートのような赤い斑点が入ります。

画像を拡大して表示する

レッドテールイエローファントムテトラ

■レッドテール イエローファントムテトラ

\120

金色のボディと、赤く染まる各ヒレが特徴のファントムテトラです。

画像を拡大して表示する

ロバーティテトラ

■ロバーティテトラ(ワイルド)

\550

色が出ると全身が赤紫に、ヒレの先が黒くなります。

画像を拡大して表示する

ホワイトフィンロージーテトラ

■ホワイトフィンロージーテトラ

\400

ロージーテトラの改良品種です。ヒレの広い範囲が白くなります。

画像を拡大して表示する

フレームテトラ

■フレームテトラ

\150

赤系のテトラで、全体にオレンジ色でボディに金色の光沢が入ります。

画像を拡大して表示する

アルビノ ラミーノーズテトラ

■コーヒービーンテトラ

\450

体にコーヒー豆のような形・大きさの黒いスポットが入ります。

画像を拡大して表示する

ハイフェソブリコン・ハラルドシュルツィ

■ハイフェソブリコン・cfコペランディ(?)

\550

伸びつつあるヒレや発色から、コペランディに近い種類だと思われます。赤い色が尾びれや体に出始めている個体もいます。

「ハラルドシュルツィ」として入荷しましたが、本来ハラルドシュルツィはクリスタルレッドテトラの学名なので、外見から別種だと判断しました。

画像を拡大して表示する

ハイフェソブリコン・ハラルドシュルツィ

■ハイフェソブリコン・cfコペランディ(?)

別写真です。

画像を拡大して表示する

その他のテトラ・カラシン類

その他のテトラ

 
ページの最初に戻る
プリステラ

プリステラ

\100

先端から白、黒、黄色の順に色がついた上下のヒレが特徴です。丈夫で混泳に向く温和な性格の、飼育しやすいテトラです。

画像を拡大して表示する

ゴールデンパンダプリステラ

■ゴールデンパンダプリステラ

\180

アルビノ+透明鱗のプリステラです。淡く透明な体で、目が黒く目立つ品種です。

画像を拡大して表示する

グラスブラッドフィン テトラ

■グラスブラッドフィン テトラ

\100

透明な体と赤く染まる尾びれが特徴のテトラです。

画像を拡大して表示する

コロンビアレッドフィンテトラ

■コロンビアレッドフィンテトラ

\150

ネオンドワーフレインボーのテトラ版のような、メタリックブルーと赤いヒレが美しいテトラです。ややテリトリーを主張します。

画像を拡大して表示する

ブラックエンペラーテトラ

■ブラックエンペラーテトラ

売り切れ\180

全身が真っ黒になるエンペラーテトラの改良品種です。

画像を拡大して表示する

 

エンペラーテトラ

エンペラーテトラ

\150

雄はメタリックなブルーの体色と、尾びれの上下と中央が伸びるフォークテールを持つ美しいテトラです。

画像を拡大して表示する

レインボーテトラ

■レインボーテトラ

\450

エンペラーテトラに近縁で見た目も良く似たテトラです。全体的に赤紫を基調とした体色に、体側にフレーク状に光沢が表れます。

画像を拡大して表示する

インパイクティス・ケリー

■インパイクティス・ケリー

\180

青紫色の美しいテトラです。

画像を拡大して表示する

シルバーチップテトラ(ハセマニア)

■シルバーチップテトラ(ハセマニア)

\100

金色の体と、各ヒレの頂点が白くなるテトラです。

画像を拡大して表示する

シルバーチップテトラ(ハセマニア)

■ダイヤモンドテトラ

\250

成長するとヒレが伸び、体の鱗が光を反射してギラギラ光る様子からダイヤモンドテトラという名前があります。

画像を拡大して表示する

グリーンファイヤーテトラ

■グリーンファイヤーテトラ

\120

メタリックグリーンに、体の後半が赤くなる変わったカラーパターンのテトラです。

画像を拡大して表示する

その他のテトラ(レア種)

 
ページの最初に戻る

トゥッカーノテトラ

■トゥッカーノテトラ

(調整中)\1980

オレンジ色に体に太い黒バンドが入り、目が青くなる小型テトラです。人気がありますが入荷は少ないレアな魚です。

画像を拡大して表示する

ペルーグラステトラ

■ペルーグラステトラ

(小) \1200

透明感の高い菱形の体型のテトラです。内臓部分も透明で、ガラス細工のような複雑な形状に見えます。

画像を拡大して表示する

ペルーグラステトラ

■ペルーグラステトラ

(中) \1600

 

画像を拡大して表示する

イグアノデクテス・アドゥジャイ

■イグアノデクテス・アドゥジャイ

\2500

非常に細長いスマートなカラシン「イグアノデクテス」の一種で、赤いラインと緑のラインが平行に入ります。

画像を拡大して表示する

   

アフリカンカラシン

 
ページの最初に戻る
コンゴーテトラ

コンゴーテトラ

(小) \200

アフリカ産のテトラの代表種で、雄の虹色に光る体と長く伸びるヒレが特徴です。10cmほどに成長するので、本種と同じくらいの少し大きめの魚との混泳に向いています。

画像を拡大して表示する

コンゴーテトラ 雄・大

コンゴーテトラ

(雄・大) \650

大型の雄個体です。

画像を拡大して表示する

ゴールドラインコンゴテトラ

■ゴールドラインコンゴテトラ

(中) \800

スレンダーな体型のアフリカンカラシンです。体に金色と黒のラインが入ります。コンゴテトラと名前は付いていますが、体型やヒレの特徴を見るとコンゴテトラにはあまり近くなさそうです。

画像を拡大して表示する

レッドフィンコンゴーテトラ

■レッドフィンコンゴーテトラ

\1800

各ヒレに赤みが出るアフリカ産テトラです。
体にも緑系統の光沢が出ます。

画像を拡大して表示する

ジェリービーンテトラ(ワイルド)

■ジェリービーンテトラ(ワイルド)

(調整中)\350

透明な体にメタリックグリーンの光沢が入り、ヒレにオレンジの矢羽模様の入るアフリカ産の小型カラシンです。

画像を拡大して表示する

 

 

 

 

ペンシルフィッシュ・ハチェットなど

 
ページの最初に戻る
ベックフォルディペンシル

ベックフォルディペンシル

\100

ペンシルフィッシュの定番種です。成長した雄の婚姻色は目のさめるような濃い赤に染まります。(参考)

画像を拡大して表示する

ワンラインペンシル

■ワンラインペンシル

(調整中)\400

エクエスペンシルとともに、斜め泳ぎをするペンシルフィッシュとして知られています。太いラインが1本入り、エクエスペンシルに比べて普通のペンシルに近い見た目をしています。

画像を拡大して表示する

スリーラインペンシル

スリーラインペンシル

\450

3本のラインが入るスマートなペンシルです。体やヒレの各所に入る赤いスポットも綺麗です。

画像を拡大して表示する

マジナータスペンシル (ドワーフペンシル)

マジナータスペンシル (ドワーフペンシル)

\400

比較的小型なのでドワーフペンシルと呼ばれる他、学名でマジナータスペンシルという別名もあります。

3本のラインが入り、ヒレに赤い模様が入るのはスリーラインペンシルに似た特徴ですが、 本種はペンシルフィッシュとしてはずんぐりした体型になります。

画像を拡大して表示する

マーサハチェット

■マーサハチェット

売り切れ\450

銀色の体に縁取りのあるハチェットです。胸びれが黒いので「ブラックウィングハチェット」とも呼ばれます。

画像を拡大して表示する

マーブルハチェット

■マーブルハチェット

(調整中)\550

大理石のような黒と白の光沢のある縞模様が特徴のハチェットです。

画像を拡大して表示する