logo_top
メダカ (グッピー・プラティ・ランプアイなど)

グッピー

 
ページの最初に戻る

当店で扱っているグッピーは、
基本的に全て国産グッピーです。

 

ペアと表記のある魚は、
雄雌のペア売りです。

 

国産ブルーグラスグッピー(ペア)

■国産ブルーグラスグッピー(ペア)

\1500

モザイクをさらに細かくしたようなグラス(芝目)模様の入る青い尾びれと、銀色と青のボディの模様が特徴の品種です。ドイツイエローと並んで日本で好まれている品種です。

画像を拡大して表示する

国産ドイツイエロータキシードグッピー(ペア)

■国産ドイツイエロータキシードグッピー(ペア)

(調整中)\1500

黄色から白にグラデーションする尾びれと、黒緑色に光るタキシード体色が特徴の人気のある品種です。

画像を拡大して表示する

国産RRE.Aブルーグラスグッピー(ペア)

■国産RRE.Aブルーグラスグッピー(ペア)

売り切れ\1980

ブルーグラスのリアルレッドアルビノ個体です。より淡い水色になるグラスの尾びれと、光沢の模様が浮かぶ肌色のボディが特徴です。

画像を拡大して表示する

国産キングコブラグッピー(ペア)

■国産キングコブラグッピー(ペア)

\1500

ヘビの鱗を思わせる、黄色に黒の網目模様が体と尾びれに入るグッピーです。

画像を拡大して表示する

国産プラチナアメリカンホワイトグッピー(ペア)

■国産プラチナアメリカンホワイトグッピー(ペア)

\1500

アメリカンホワイトは尾びれから尾筒にかけて白くなるグッピーですが、プラチナ体色になることで体全体も白くなります。ハクホワイトによく似ています。

画像を拡大して表示する

国産モスコーパンダグッピー(ペア)

■国産モスコーパンダグッピー(ペア)

\1500

青みがかった白い光沢と紺青色のツートンカラーのグッピーです。

画像を拡大して表示する

国産オレンジレースコブラグッピー(ペア)

■国産オレンジレースコブラグッピー(ペア)

\1500

細かいレース模様のようなコブラ柄と、オレンジ色の尾びれが特徴です。

画像を拡大して表示する

国産ゴールデンフルレッドグッピー(ペア)

■国産ゴールデンフルレッドグッピー(ペア)

\1500

体から尾びれまで赤くなるフルレッドの、ゴールデン体色(肌色)をベースにした品種です。

画像を拡大して表示する

国産オパールブルーグッピー(ペア)

■国産オパールブルーグッピー(ペア)

\1500

宝石のオパールのような青〜緑に変化するボディの光沢と、ブルーモザイクに似た淡い水色の尾びれが綺麗なグッピーです。

画像を拡大して表示する

国産プラチナロシアンパープルグッピー(ペア)

■国産プラチナロシアンパープルグッピー(ペア)

\1500

モスコーブルーのような尾びれと、カラフルなボディが特徴のグッピーです。

画像を拡大して表示する

国産ギャラクシーグラスグッピー(ペア)

■国産ギャラクシーグラスグッピー(ペア)

\1500

ギャラクシーはコブラの縞模様と紺色の光沢が上半身に入るプラチナが複合した品種で、尾びれがグラス模様になります。
複雑な模様に青、赤の鮮やかな色彩が特徴の派手なグッピーです。

画像を拡大して表示する

国産RRE.A紅白グッピー(ペア)

■国産RRE.A紅白グッピー(ペア)

\2200

体とヒレが綺麗に赤と光沢のある白に染め分けられたグッピーです。比較的最近の品種です。

画像を拡大して表示する

 

 

 

     
国産プラチナモザイクグッピー(ペア)

■国産プラチナモザイクグッピー(ペア)

\1500

ボディにメタリックな光沢が乗るプラチナと、モザイクのテールの組み合わせです。

画像を拡大して表示する

国産ハクホワイトグッピー(ペア)

■国産ハクホワイトグッピー(ペア)

売り切れ\1500

ボディから尾びれまで、全身に白い光沢が入るグッピーです。

画像を拡大して表示する

国産フルブラックグッピー(ペア)

■国産フルブラックグッピー(ペア)

\1500

ボディから尾びれまで真っ黒になるシックなグッピーです。

画像を拡大して表示する

国産モスコーブルーグッピー(ペア)

■国産モスコーブルーグッピー(ペア)

\1500

紺色の体に青い光沢が乗ります。

画像を拡大して表示する

 

 

プラティ・モーリー

 
ページの最初に戻る

プラティ

 
プラティ

■プラティ

\120

グッピーに比べるとややぽっちゃりとした体型がかわいらしい卵胎生のメダカです。レッドやブルー、タキシードなどのさまざまな体色の品種がいます。飼育・繁殖ともに容易に楽しめます。

画像を拡大して表示する

ミッキーマウスプラティ

■ミッキーマウスプラティ各色

\120

尾びれの付け根にそのような模様があります。

レッド・ブルー・イエローなどの体色がいます。

 画像を拡大して表示する

レッドトップホワイトミッキーマウスプラティ

■レッドトップ ホワイト ミッキーマウス プラティ

\150

白にレッドトップの体色、ミッキーマウス模様の複合です。鮮やかでかわいらしく、人気のある品種です。

画像を拡大して表示する

ハイフィンプラティ (ミックス)

■ハイフィンプラティ (ミックス)

\180

背びれが三角形に大きく伸びる「ハイフィン」タイプのプラティです。各種体色の品種がいます。

画像を拡大して表示する

ハニービープラティ

■ハニービープラティ

\180

黄色に黒の縞模様が入る、ミツバチ(ハニービー)のようなかわいいプラティです。

画像を拡大して表示する

ハイフィン レッドトップ ホワイト ミッキーマウス プラティ

■ハイフィン レッドトップ ホワイト ミッキーマウス プラティ

\200

レッドトップホワイトミッキーのハイフィンタイプです。赤い背びれが大きく伸びて目立ちます。

画像を拡大して表示する

モーリー・ソードテールなど

 
オレンジネオンライヤーモーリー

■オレンジネオンライヤーモーリー

\180

鮮やかなオレンジで、ヒレが長く伸びるライヤーテールのモーリーです。

画像を拡大して表示する

RRE.A紅白ソード

■紅白ソード (RRE.A)

\200

紅白のツートンカラーの体色が綺麗なアルビノのソードテールです。

模様の入り方は↑の写真のようなものが基本ですが、色々なパターンがあります。

画像を拡大して表示する

ブラックライヤーモーリー

■ブラックライヤーモーリー

(調整中)\150

全身が黒いブラックモーリーの、尾びれの上下が伸びるライヤーテールタイプです。

画像を拡大して表示する

メタリックホワイトマーブル ソードテール

■メタリックホワイトマーブル ソードテール

\300

クリーム色に黒と青い光沢のあるマーブル模様が入るソードテールです。

画像を拡大して表示する

 

   

卵生

 
ページの最初に戻る
アフリカンランプアイ

■アフリカンランプアイ

\80

眼の上部が青白く光るアフリカ産の卵生メダカの仲間です。比較的繁殖も容易です。

画像を拡大して表示する

アフリカンランプアイ

■アフィオセミオン・ガードネリー(ペア)

\800

アフリカ産の卵生メダカの仲間です。青白い体に赤い点やラインが入り、ヒレに黄色い縁取りがあるとても美しい魚です。

画像を拡大して表示する

イエローパンチャックス

■イエローパンチャックス

\250

全身に黄緑色の光沢が入る、改良品種の卵生メダカです。

画像を拡大して表示する

オリジアス・ウォウォラエ

■オリジアス・ウォウォラエ

\300

日本のメダカに近縁な東南アジア産のメダカです。雄はメタリックブルーにヒレが赤くなる美しい体色が特徴です。

画像を拡大して表示する

   
ラスボラの仲間

ラスボラ ポピュラー種の多い小型コイの仲間で、おとなしく飼育しやすいです。

 
ラスボラ・エスペイ

■ラスボラ・エスペイ

売り切れ\150

ヘテロモルファに似ていますが少し小型で、三角形模様が細長くなります。オレンジ色が鮮やかな魚です。

画像を拡大して表示する

ラスボラ・ヘテロモルファ

■ラスボラ・ヘテロモルファ

売り切れ\150

特徴的な三角形の模様がある小型コイです。

画像を拡大して表示する

レッドラインラスボラ

■レッドラインラスボラ

\150

スマートな細長い体にオレンジのラインが入ります。

画像を拡大して表示する

ボララス ラスボラに近縁な小型コイで、非常に小さい体と美しい赤い体色が特徴です。

ページの最初に戻る

ミクロラスボラ 

ページの最初に戻る

※現在の分類は変更されていますが、販売名としてミクロラスボラとして知られている魚をこちらで紹介しています。

ボララス・ブリジッタエ

■ボララス・ブリジッタエ

\180

全長2cmほどの超小型のコイです。全身が鮮やかな赤色になります。

画像を拡大して表示する

ボララス・マキュラータ

■ボララス・マキュラータ

\100

ボララスの仲間で、体の斑点が大きい丸になります。

画像を拡大して表示する

 

プンティウス・ダニオ・中型種など

プンティウス

 
ページの最初に戻る
チェリーバルブ

■チェリーバルブ

\100

 オレンジ色の体色が特徴の小型のバルブです。雄は濃いオレンジ〜赤の美しい体色になります。

画像を拡大して表示する

アルビノチェリーバルブ

■アルビノチェリーバルブ

\100

チェリーバルブのアルビノです。発色した個体は肌色にオレンジ〜赤が乗った感じになります。

画像を拡大して表示する

ゴールデンバルブ

■ゴールデンバルブ

\150

金色の体色の小型コイです。水槽に慣れると体側にメタリックグリーンの発色も出てきます。

画像を拡大して表示する

プンティウス・ロンボオケラートゥス

■プンティウス・ロンボオケラートゥス

\350

赤茶色の体にドーナツ状に真ん中が抜けた形のバンド模様が入ります。

画像を拡大して表示する

プラチナグリーンスマトラ

■プラチナグリーンスマトラ

\350

グリーンスマトラのバリエーションで、全身が緑色がかった白銀色になります。

画像を拡大して表示する

オデッサバルブ (ワイルド)

■オデッサバルブ (ワイルド)

\450

赤く染まる体と、鱗に沿った黒い網目と白いスポット模様が入ります。性質はスマトラに似ています。

画像を拡大して表示する

スマトラ

■スマトラ

\120

 4本の縞模様とヒレの赤い縁取りがあるコイの仲間です。

画像を拡大して表示する

アルビノスマトラ

■アルビノスマトラ

\120

アルビノ個体です。黒い縞模様部分が光沢のある白い縞模様に変わっています。

画像を拡大して表示する

グリーンスマトラ

■グリーンスマトラ

\200

黒いバンドが拡大して全身がメタリックグリーンになります。

画像を拡大して表示する

その他の小型コイ(ダニオ・アカヒレなど)

 
ページの最初に戻る
アカヒレ

■アカヒレ

\30

中国原産の小型のコイの仲間です。熱帯魚よりも気温が下がる地域の魚なので、冬でもヒーターを使わずに飼育できること、丈夫なことから人気があります。

 

ゴールデンアカヒレ

■ゴールデンアカヒレ

\120

アカヒレの改良品種で、体が明るい肌色になります。飼育は通常のアカヒレと同様丈夫でヒーターも不要です。

画像を拡大して表示する

アンゴラバルブ

■アンゴラバルブ

\350

アフリカ南部のアンゴラを中心に分布するコイです。
オレンジ色に縞模様が入ります。

画像を拡大して表示する

ゼブラダニオ

■ゼブラダニオ

\30

ゼブラ模様が特徴の小型コイです。非常に活発で丈夫な魚です。

画像を拡大して表示する

レオパードダニオ

■レオパードダニオ

\100

ゼブラダニオの改良品種とも、近縁種とも言われるダニオの仲間です。模様は細かい斑点模様が入ります。

画像を拡大して表示する

 

中型バルブ

 
ページの最初に戻る
レッドライントーピードバルブ

■レッドライントーピードバルブ

5cm \550

ラミーノーズテトラのように顔が赤く、尾びれに黄色と黒の模様が入る中型のコイの仲間です。10cmを越えるサイズになり、泳ぎが活発なので成魚にはやや大きめの水槽が必要ですが、美しく見ていて楽しい魚です。

画像を拡大して表示する

シルバーシャーク

■シルバーシャーク

4cm \300

ヒレに黒い縁取りがあり、銀色の体色をした中型のバルブです。ヒレがピンと上下に張り、サメのような印象の精悍な姿をしています。

画像を拡大して表示する

 
ドジョウ (ローチ、ホンコンプレコの仲間など) ※日本のドジョウは日淡のコーナーにあります。

ボティア

 
ページの最初に戻る
クラウンローチ

■クラウンローチ

(小) \550

オレンジ色に黒のバンド模様が鮮やかなローチです。

画像を拡大して表示する

クラウンローチ

■クラウンローチ

6cm \650

オレンジ色に黒のバンド模様が鮮やかなローチです。

画像を拡大して表示する

 

細長いローチ

   
クーリーローチ

■クーリーローチ

\150

クラウンローチのように派手なオレンジと黒のシマ模様が入る熱帯のドジョウです。

画像を拡大して表示する

ブラッククーリーローチ

■ブラッククーリーローチ

\150

黒一色のクーリーローチの近縁種です。

画像を拡大して表示する

スモモローチ

■スモモローチ

\600

体の中央にバンドが入り、その部分の地肌がオレンジ色になるローチの仲間です。

画像を拡大して表示する

ハーフバンデッドローチ

■ハーフバンデッドローチ

\300

太いバンド模様が体の半分まで入ります。

画像を拡大して表示する

ホースフェイスローチ

■ホースフェイスローチ

\250

「馬面ローチ」という名前のとおり、吻部が長く伸びる変わった顔つきをしています。

画像を拡大して表示する

 

ヒルストリームローチ

   
ボルネオプレコ

■ボルネオプレコ

3-4cm \350

黄色い斑点がちりばめられた綺麗なヒルストリームローチです。

画像を拡大して表示する

 

 

フライングフォックス&ガラ系

   
サイアミーズ・フライングフォックス

■サイアミーズ・フライングフォックス

\180
(大きめ)\200

コケを食べてくれる魚です。外見が似たアルジイーターも利用されますが、比較的おとなしい本種に人気があります。

画像を拡大して表示する

 

 

アナバス (グラミー・ベタなど) ※スネークヘッド、大型のアナバス類は大型魚のページにあります。

改良品種

 
ベタ スーパーデルタ

■ベタ スーパーデルタ 

\1200

ブルー&レッド

画像を拡大して表示する

ベタ スーパーデルタ

■ベタ スーパーデルタ 

\1200

マスタードガス

画像を拡大して表示する

ベタ スーパーデルタ

■ベタ スーパーデルタ 

\1200

ブルー&レッド

画像を拡大して表示する

ベタ スーパーデルタ

■ベタ スーパーデルタ 

\1200

 

画像を拡大して表示する

ベタ ロングフィンホワイト

■ベタ ロングフィンホワイト

\1500

ヒレが後方に長く伸びる品種です。

画像を拡大して表示する

 
ベタ ハーフムーン

■ベタ ハーフムーン

\1980

スーパーデルタよりさらに尾が広く開き、半月型(180度)になるベタの品種です。

ブルーバタフライ

画像を拡大して表示する

ベタ ハーフムーン

■ベタ ハーフムーン

\1980

ソリッドレッド

画像を拡大して表示する

ベタ ハーフムーン

■ベタ ハーフムーン

\1980

ブラックドラゴン

画像を拡大して表示する

ベタ スーパーデルタ メス

■ベタ スーパーデルタ 

メス \900

メスのスーパーデルタです。メスなのでヒレは大きくないですが、カラーリングが綺麗です。

画像を拡大して表示する

ベタ ダブルテール

■ベタ ダブルテール

\650

尾びれの中央が切れ込んで二つに分かれる品種です。

画像を拡大して表示する

ベタ ダブルテール

■ベタ ダブルテール

\650

尾びれの中央が切れ込んで二つに分かれる品種です。

画像を拡大して表示する

ベタ クラウンテール

■ベタ クラウンテール

\900

各ヒレの軟条だけが長く伸び、クシ状になるベタです。フレアリングすると王冠(クラウン)のような形になります。

画像を拡大して表示する

トラディショナル ベタ

■トラディショナル ベタ レッド

オス \380

 

画像を拡大して表示する

トラディショナル ベタ

■トラディショナル ベタ ブルー

オス \380

 

画像を拡大して表示する

トラディショナル ベタ

■トラディショナル ベタ オレンジ

オス \380

 

画像を拡大して表示する

   

ワイルドベタ

 

グラミー

 
ページの最初に戻る
ピグミーグラミー

ピグミーグラミー

\150

非常に小型のグラミーの仲間です。小さくても青やオレンジ色の美しい体色をしており、飼育も容易な種類です。

画像を拡大して表示する

ゴールデンハニードワーフグラミー

ゴールデンハニードワーフグラミー

\300

全長3-4cmほどの小型のグラミーです。体が鮮やかな黄色になり、ヒレが赤く色づき美しくなります。

画像を拡大して表示する

パールグラミー

パールグラミー

\300

比較的温和な性格から人気のある中型グラミーです。褐色の体色に真珠のような美しいスポットが入ります。雄は成長するとヒレが櫛のように伸び、胸がオレンジ色を帯びます。

画像を拡大して表示する

プラチナグラミー

■プラチナグラミー

\350

スリースポットグラミーの白変種です。

画像を拡大して表示する

ゴールデンバルーンパールグラミー

■ゴールデンバルーンパールグラミー

\850

体色が淡いクリーム色になるゴールデンタイプと、体型が寸詰まりになるバルーンタイプの複合品種です。

画像を拡大して表示する

 

そのほか

 
ページの最初に戻る
その他の小型魚 (バジス・レインボーフィッシュ・ハゼ類・小型のフグなど) ※20cm以上の大型のフグは大型魚のページに分類しています。

二次淡水魚

 
ページの最初に戻る

 

フグ、カレイ、ハゼなど 元々海水魚のグループですが、淡水に適応した種類です。日本では海水魚として知られる種類が多いです。

アベニー・パファー

■アベニー・パファー

\300

最大3cmほどの非常に小型の、純淡水性のフグの仲間です。

画像を拡大して表示する

北米淡水カレイ

■北米淡水カレイ

2cm\1200

北米産の小型の淡水カレイです。

画像を拡大して表示する

 

     

レインボーフィッシュ

 
ページの最初に戻る
ネオンドワーフレインボー

■ネオンドワーフレインボー

\150

Melanotaenia praecox

レインボーフィッシュとしては最もポピュラーな種類です。雄の青い光沢と赤いヒレが特徴です。

画像を拡大して表示する

ハーフオレンジレインボー

■ハーフオレンジレインボー

\550

Melanotaenia herbertaxelrodi

体の後半にオレンジ色が出てきます。

画像を拡大して表示する

コームスケールレインボー

■コームスケールレインボー

\550

Glossolepis incisus

レインボーフィッシュの中では最大になるレインボーフィッシュで、赤銅のような体色で体の一部が金属光沢を帯びます。

画像を拡大して表示する

ニューギニアレインボー

■ニューギニアレインボー

\250

小型で細身なレインボーフィッシュです。緑色と赤が混じった感じの体色で、各ヒレが長く伸びます。

画像を拡大して表示する

   

バジス

 
ページの最初に戻る
スカーレットジェム

■スカーレットジェム(ダリオ・ダリオ)

(調整中)\300

「紅の宝石」という意味の名前のあるバジスの仲間の小型魚です。雄の色は赤と金色の縞模様がとても美しく人気です。

画像を拡大して表示する